×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

リウマチ性多発筋痛症とは?

リウマチ性多発筋痛症はリウマチ関連疾患の1つです。
リウマチと聞くと年をとってからの病気というイメージが強いのですが、20代後半〜50代、小児リウマチといって10歳から16歳頃が発症します。特に男性より女性のほうが多いみたいです。
リウマチは古くからある病気で、アメリカでは紀元前4500年ごろのインディアンから関節リウマチにかかっていたという結果もあるみたいです。リウマチになる原因は、骨の代謝と免疫系の中で免疫系の異常により破骨細胞が悪化をして、リウマチの症状をもたらすといわれています。
リウマチ性多発筋痛症関しては、リウマチの中でも大変珍しい病気といわれています。リウマチ性多発筋痛症は関節リウマチの十分の一以下らしいです。



膝の痛みの新しい治療法 三起均整による膝痛解消プログラム

どのような症状がおきるのか?

リウマチ性多発筋痛症の症状は、全身の症状としては発熱や食欲がなくなったり、体重が急に減ったり、精神面ではうつの症状を起こしたりします。
肩や腰などが筋肉痛になったり、関節痛にた症状がでてきます。リウマチ性多発筋痛症は一般の治療にはステロイド剤が効果的といわれています。
この薬を飲みはじめれば、すぐに効果がでるのですが、効果があったからといって薬をすぐにやめてしまうとまた再びリウマチ性多発筋痛症になってしまいます。
なので、効果をみながらできるだけ慎重に薬の量を減らしていかなければなりません。
リウマチ性多発筋痛症はかるいものですが、きちんと改善をしていかないと巨細胞性動脈炎を起こす危険性がありますので、気をつけてください。

巨細胞性動脈炎とは?

リウマチ性多発筋痛症から巨細胞性動脈炎になることは、少ないといわれています。この巨細胞性動脈炎の症状はリウマチ性多発筋痛症の症状にプラスして
両方のこめかみを通る動脈が腫れて痛みます。これは血管炎の特徴的な症状で激しいな頭痛が起きたり、顎の関節や舌、口の周りの痛みがしたりします。
巨細胞性動脈炎は特に頭の周辺の動脈に障害を起こすので、顔の一部の目の動脈に障害があると一時的に目の前が真っ暗になったり、最悪の場合失明する可能性もあるので、
巨細胞性動脈炎はとても怖い病気です。頭部以外にも内臓などへの障害もあるみたいです。なのでリウマチ性多発筋痛症から巨細胞性動脈炎にならないためにも、きちんとリウマチ性多発筋痛症を改善する必要があります。

神経痛・リウマチ・ニキビ・しっしん・腰痛・冷え症・肩こり・疲労回復。つら〜い症状をやわらげる薬用入浴剤。パパイン酵素(角質洗浄成分)と贅沢な植物エキス(保湿成分)がた〜っぷり! [薬用入浴剤イムザリラックス神経痛・リウマチ 400g]【美と健康スタイル】神経痛・リウマチ・ニキビ・しっしん・腰痛...
2,940円
パパイン酵素と植物エキスでつら〜い症状をやわらげる。

Ads by 電脳卸

 

Copyright © 2008 大変珍しい病気リウマチ性多発筋痛症

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。